1. »
  2. »
  3. » 黒澤弁護士の“知ってますか”

黒澤弁護士の“知ってますか”の最近のブログ記事

息子が父親の成年後見人になれる?

Q:
父に最近認知症状が現れたため、成年後見の申立をしようと思うのですが、息子の私が成年後見人として選任してもらえるのでしょうか。


A:
成年後見の申し立ては家庭裁判所に行うことになりますが、申し立ての際に、後見人の候補者がすでに存在する場合は、候補者の住所・氏名などを記載して提出することになります。

したがって、息子さんが成年後見人として関与する意向を有しているのであれば、その旨を記載して申し立てを行うことになります。

ただ、後見人として誰を選任するかは裁判所が決定するため、親族間で紛争が生じているケースや法律問題の処理が必要なケースなど、被後見人を取り巻く状況によって候補者として記載されている以外の者(たとえば、弁護士など)が選任されることも珍しくありません。

申立が受け付けられると家庭裁判所から申立人や候補者に対して事情聴取が行われ、ケースによっては親族照会も行われ、その内容も後見人選任の判断資料とされます。

注意しなければならないのは、一度申し立てがなされると裁判所が仮に予定していた候補者が選任されない方針を示したからといって、勝手に取り下げることができないことです。

一度なされた申し立てを取り下げる場合には、裁判所の許可が必要となります。


                       弁護士 黒澤誠司

「終活」の講師に行ってきました

 先日、「終活」をテーマに講師を行ってきました。

 あまりお話しをする機会のないテーマで、私自身、葬儀やお墓など人生の終焉に向けての事前準備のイメージを持っていたのですが、最近は、「人生のエンディングを考えることを通じてこれまでの人生を見つめ直し、今をより良く、自分らしく生きるための活動」という意味合いになってきているようです。


 日本は、今4人に1人が65歳以上の超高齢化社会となっており、他人や家族に迷惑をかけないようにと終活を考える人が増えています。

 インターネットで検索すると終活のセミナーや終活をサポートするNPO団体、民間業者、終活専門誌、終活ライフケアプランナーといった民間の資格まで存在します。

 一般に終活の手始めとして「エンディングノート」を作成することが勧められています。


 たしかに、自分が抱えている漠然とした不安や悩みなどは頭で考えていてもなかなか整理ができないですが、文字にして表すと自分の考えが非常に整理されていきます。

 そうした作業をすることで自分が本当にやりたかったことなどが明確になり、残りの人生を目的意識を持って生活できるようになるという終活は非常に意味のあることだと改めて思いました。

 多くの人は小さい頃に大人になったときのいろんな夢を抱いていたと思います。


 「エンディングノート」を作成することで今一度自分が本当にやりたかったことを再認識してみてもいいかもしれませんね。


                         弁護士 黒澤誠司

医療事故訴訟の審理期間

医療事故訴訟の審理期間は一般民事の裁判に比べて長くかかると言われています。以前は5年以上を要する事件も珍しくありませんでしたが、平成15年に裁判の迅速化に関する法律ができてからは裁判所も医療専門部を設けるなどして期間が短くなる傾向にあります(平成27年時点では京都に医療専門部は設けられていません)。平成25年の最高裁の報告書によれば、医療事故訴訟の一審の平均審理期間は2年強となっています。ただ、それでも民事一審訴訟の平均審理期間の約3倍はかかっています。また、上記期間は提訴してから一審判決が出るまでの期間なので、原被告のいずれかが不服申立(控訴)手続きを取ることになるとさらに期間は長くかかります。さらに、医療事故訴訟の場合、提訴時までに証拠保全や過失の有無について見通しを立てる「調査」の期間が必要になることが多いので、当事者としては、やはり相当長期間かかることを覚悟する必要があります。もちろん事件を引き受ける弁護士の側も相当の覚悟をもって引き受けることになりますが...。

原付バイクで転けました

先日、原付バイクで走行中、小雨の中急ブレーキをかけたため転倒をしてしまいました。幸い周りの人に迷惑をかけることはなかったのですが、たまたまパトカーが通りかかりました。膝の打撲と擦過傷程度だったので、お巡りさんに「大丈夫です」と言ったのですが、「事故だから交通課を呼びます」、「救急車は呼ばなくて良いですか」と言われました。さすがに救急車は固辞したのですが、わざわざ交通課の方がおいでになり、事故状況について尋ねられました。仕事柄実況見分調書はよく見るのですが、自分で指示説明をすることになるとは思いませんでした。私の場合、怪我が大したことなかったのですが、それでもどこでブレーキをかけた等を事故直後に尋ねられてもなかなか明確に答えられないものです。何事も自分で経験することで具体的なイメージが持てるものだと実感しました。あと、年とともに体の治りが遅くなることも痛感いたしました。

京都市ゴミ屋敷条例

京都市がいわゆるゴミ屋敷対策のために「京都市不良な生活環境を解消するための支援及び措置に関する条例」を制定しようとしています。条例案では、行政の改善命令に従わない場合は、強制的に「ゴミ」の処分を行うことができる内容となっています。大阪市など一部自治体でも条例が制定されているところがありますが、他の自治体の条例では、有識者による審議会が設置され強制処分を行う前にその意見を聞かなければならないとされています。ところが、京都市の条例案ではそうした審議会の設置が予定されていません。「ゴミ屋敷」を作ってしまう人の多くは地域社会から孤立し、何らかの問題を抱えている人です。医療や福祉の専門家の意見を聞くことなく強制的に「ゴミ」を処分できるというのは、いかがなものかと思います。

もちろん、「ゴミ屋敷」が地域住民にとって大きな問題であること、その改善が必要であることは全く同意見です。しかし、強制的に「ゴミ」を処分するというだけでは根本解決にはならず、同じことが繰り返されるだけでしょう。その人が抱えている根本の問題を解決しなければなりません。

嫌なもの、見たくないものは、隔離排除するという最近の風潮がありますが、隔離排除して私たちの目につかないようにすることだけで問題を解決したことにはなりません。行政は、野宿者を公園から閉め出すために寝ころべないように長いすの間に仕切りをもうけたり、寝泊まりできないように橋の下にフェンスをはったりしていますが、同じような安易な考えだと思います。行政は個人とは異なりそうした問題を抱える人を救う力を有しているのですから、安易な方向に流れないように願うばかりです。

解釈改憲

  安倍首相が憲法解釈を変えるなどと言い、マスコミも一つの争点のように取り上げることで、解釈改憲が可能なことを前提としてその是非が問題であるかのような扱われ方をしてきました。

 

  しかし、一応司法試験を経てきた者としては、是非以前にそもそもあり得ない話しだと思います。

 

  司法試験の問題とした場合、今回のような解釈改憲は可能と答えないと不正解になるのでしょうか。

 

  一度、裁判官・検察官・弁護士にアンケートを取ってみて欲しいと思います。

 

            弁護士 黒沢誠司

フェイスブック

先日、誕生日を迎えましたが、フェイスブックでつながっている複数の方からお祝いのメッセージを頂きました。
昔ご依頼をいただいた方からもお言葉を頂いたりして、元気な様子をしることができ、本当にうれしい限りです。一度ご依頼を受けると数年にわたっておつきあいをさせていただくことが多いため、お互いの人となりを知ることもあり、事件終了後も交流が続くことがあります。
最近忙しくてフェイスブックもなかなか見ることができないのですが、メッセージを受け取る側に立つと本当にうれしいものなので、誕生日のメッセージくらいはできる限り送るようにしたいと改めて思いました。

ラーメン

唐突ですが、ラーメンが好きです。内輪の話で恐縮ですが、実は今、京都弁護士会内で何処のラーメンがおいしいかということで密かに盛り上がっています。ちなみに、私の一押しは「一蘭」です(京都にも支店があります)。豚骨ベースだと思うのですが、微妙に甘いスープとちょっとしたこってり感がツボにはまってしまいました。仕事で遠出したときなどは良くラーメンを食べてくるのですが、正直京都のラーメンは全国的にもトップレベルと思います(ちなみに「一蘭」は京都発祥ではありませんが...)。どこで食べても大体一定レベルを維持しているのが凄いと思います。ただ、一度だけ中京区堀川通り近くでいただいたラーメンはまずかったです。あまりのまずさにその日は体調が悪かったのかもしれないと思い後日もう一度足を運んでいただいてみましたがやはりまずかった。でもしばらく立つと不思議なことに、あのまずさを確かめたい気持ちに駆られます。意外とお客さんがいるので、ついつい「本気でおいしいと思って食べておられるのですか?」などと聞いてみたくなります。おいしいラーメンベスト3も楽しい話しですが、心底まずいと感じた一押しラーメンというのも聞いてみたいです。

参議院議員各位

憲法では衆議院と参議院で国会が構成される二院制が設けられています。衆議院とは異なる角度から改めて参議院で審議がなされることで政権与党(権力)の暴走に歯止めをかけて、多様な意見を国政に反映させることが期待されているわけです。衆議院と参議院で意見が異なることは当然憲法の予定している本来の姿なんですが、今年の参議院選挙では、一部政党やマスコミが「決められない政治」からの脱却、「ねじれ国会の解消が争点」などと宣伝・報道し、まるで両院の意見が異なることが悪いことであるかのようなイメージが植え付けられました。その結果、参議院選挙でも自民党が圧勝し、ここぞとばかりに数の力にものを言わせて強行採決の連発を行っています。今世論は特定秘密保護法について慎重審議を求める意見が多数となってきていますが、もし参議院が憲法が本来想定しているように「ねじれ」ていれば、自民党の拙速な審議と強行採決を防ぐ役割を果たすことができるのになぁと残念に思わざるを得ません。参議院議員各位には、後世で「あのとき特定秘密保護法案について賛成した議員だ」と後ろ指を指されないように政党の党議拘束というようなちっぽけなことに捕らわれない見識のある行動を強く期待したいと思います。

名前を覚える

昨日は弁護士任官の企画に参加をしたところ、以前京都地裁に3年ほどおられた裁判官も参加しておられました。裁判官は1人で常時200件前後の事件を担当しておられるので、以前事件を担当していただいたことなど覚えていただいているはずもないと思っていましたが、思いがけず懇親会で名前で声を掛けていただきました。とても感激しました。恐らくこっそり参加者名簿に目を通された上でのことだったのでしょうが、それにしても裁判官がそうした心遣いをされることに感激です。私は特に人の顔と名前を覚えるのが苦手で、いつも難儀しているのですが、名前を覚えるということはとても大切なことだと再確認いたしました。

略歴
大阪府出身
洛北中学校卒業
立命館高校卒業

1985年
立命館大学法学部入学 薬師寺ゼミ(国際公法)

1996年
司法試験合格(50期)

1998年
弁護士登録 京都法律事務所入所

2011年
京都弁護士会 副会長

2013年
京都弁護士会 高齢者障害者支援センター運営委員会 副委員長・京都弁護士会 紛争解決センター運営委員会 副委員長

2014年
京都弁護士会人権擁護委員会委員長
日弁連人権擁護委員会
近畿弁護士連合会人権擁護委員会
日栄・商工ローン被害対策京都弁護団 事務局長
中国残留孤児国家賠償訴訟京都弁護団 事務局
シベリア抑留国賠訴訟弁護団 事務局長
青年法律家協会京都支部 事務局長
NPO法人 患者の権利オンブズマン関西常任委員などを歴任

趣味等
学生時代は中高大とソフトテニス部に所属していました。最近は小ネタ手品に興味があります。

ココ山岡事件
日栄不当利得金返還請求訴訟その他消費者事件
薬害ヤコブ病事件
中国残留孤児国家賠償訴訟
城山共同作業所事件
医療過誤事件
今西税金裁判
シベリア抑留国家賠償訴訟
新生存権裁判

弁護士として最初にかかわった事件が医療事故であったので、医療事故に関心があります。
また、最近は、裁判所から遺産分割、遺留分減殺請求や破産管財事件、成年後見事件を引き受けることが多くなっています。
法律事務所に来られる方は、精神的に追い詰められた方が多いので、ご相談をお聞きするときは、話しやすい雰囲気を作るように心がけています。また、事件のご依頼を受けた場合は、事務所のモットーである「敷居は低く、志は高く」を意識しつつ、できるだけ難解な法律用語を使わないようにして事件の進行について理解をしていただきながら、一緒に事件解決を目指すようにしたいと考えています。